筋肉をつけて顔のたるみを改善

筋肉をつけて顔のたるみを改善

年齢を重ねると徐々に顔のたるみが目立ってきてしまうのは、女性にとって大きな悩みの1つですよね。

 

こうした顔のたるみは、加齢現象であるため、「仕方がない・・・」と諦めている方もいるかもしれませんが、実はちょっとした知識と努力を行うことで5歳・10歳と若くみられる方法があるのです。

 

顔のたるみの悩み 

 

その方法とは、顔の筋肉をつけるというものです。

 

たるみができる原因は、筋肉の衰えが最大の原因ですので、その原因さえ解消してしまえば、たるみを大きく改善することが可能となります。

 

以下では、簡単に顔のたるみを改善する筋トレ法をご紹介します。

 

 

 

・ペットボトルを利用してたるみを解消

 

顔のたるみを解消するための筋トレ法として頻繁に用いられるのは、ペットボトルです。手順としては以下のようにして行います。

 

1.500mlペットボトルに水を半分ほど入れる

 

2.ペットボトルを咥えて歯を使わずに口の力だけで15秒から30秒程度保つ

 

3.1〜2を数回繰り返す

 

いかがでしょうか?非常に簡単な方法ですよね。これだけの過程を継続して行うだけでも、頬や口周りなどのたるみを大幅に改善することができますので、ぜひチャレンジしてみて欲しいと思います。

 

その他、タンパク質を十分に摂取することや脂質の摂取を抑えるなど食生活の見直しも同時に行うことでより高い効果が期待できます。

口角を上げて顔のたるみを解消

 

20代の頃は、肌にハリがあるため顔のたるみを意識することはあまりありません。

 

しかし、男女ともに30代を過ぎてくると、だんだんと顔の筋力が落ちてくるせいなのか、だらしないたるみができてしまうことがあります。

 

そうすると、たとえ不機嫌ではなかったとしても他人から不機嫌に思われてしまったり、実年齢よりも老けてみられてしまったり、不健康に見えてしまったりなど、あまり良いことはありません。

 

そんな顔のたるみを解消させるためには、普段から顔がたるんでしまわないように意識することが大切です。

 

そして、私は顔がたるんでしまわないようにするため、常に口角を上げることを意識して生活をしています。

 

口角を上げると、それと同時に頬の筋肉も上がりますので、全体的に重力に逆らうことで顔の筋肉を自然に鍛えることができます。

 

 

これは顔の筋肉に限ったことではありませんが、筋肉は使えば使うほど鍛えることができますので、こうして日常生活の中で日々口角を上げることを意識していれば、それで顔のたるみを防ぐことができるのです。

 

 

そして、もしも時間に余裕があれば、顔の筋肉を縦横に動かして体操することも大事です。

 

そうして、顔の筋肉を常に刺激し続けることが、顔のたるみには1番効果があると私は思っています。

顔のたるみを美容医療でどうにかしたい

 

 

最近、顔のたるみが気になってきました。

 

やはり年齢を重ねると、どうしても肌にハリがなくなり、

 

顔がたるんでしまうのです。

 

年齢対策化粧品などもたくさんあり、私もいくつか使用していたのですが、

 

肌に合わなかったり、効果が感じられずにいて、結果に満足できませんでした。

 

そんなときに、あるテレビの放送で、最新のたるみ治療があると知りました。

 

マイクロニードルという細かい針で皮膚の奥を刺激し、

 

コラーゲンの生成を活性化させるというものです。

 

 

施術後は肌が赤く腫れますが、一週間もしたら肌にハリがでてきて、

 

たるみやシワの改善がみられるとのことです。

 

費用は一回10万円ほどで、効果は1ヶ月ほどとのことです。

 

 

メンテナンスにはお金がかかりますが、効果があって月に一度でいいのなら、

 

やってみる価値はあるのではないかと思います。

 

 

 

さらにインターネットで調べてみると、美容医療の技術はすごく発展していて、

 

たるみやシワを改善するレーザー治療などもあるようです。

 

 

若いときは顔のそばかすを消すためにレーザー治療に通いましたが、

 

これからはアンチエイジングとして美容医療を試してみようと思います。

 

毎日のケアが面倒だったり、効果をすぐ感じたい私のような人間には、

 

たるみ対策の美容医療は、もってこいです。